アルファード・ヴェルファイア バッテリー交換方法 パナソニック『カオスバッテリー N-100D23L』購入&レビュー

アルファード
広告

Sponsored Links

アルファード20系のバッテリーを交換する

新車購入から3年経過した我が家のアルファード。前回のディーラーメンテナンス時、バッテリー交換を勧められました。

ただ、ディーラーのバッテリー交換費用は高い!純正と同じ容量60Dサイズでディーラーキャンペーン時でも2万円以上もします。なので今回は自分でバッテリー交換をしてみることにしました。折角の交換なので純正と同じサイズでは無く可能な限り大きなサイズを選択することに。ネットで抜群の人気を誇る高性能バッテリーパナソニックのカオス N-100D23L です!容量は純正の60Dの倍近い100Dサイズにしてみました。

 

アルファード(ヴェルファイア)のバッテリーの交換方法

アルファードは整備性が高くボンネットを開けるだけで簡単にバッテリーにアクセスして交換することが出来ます。バッテリーを外す時に注意するのはバッテリーから端子を外すのは必ずマイナス端子からと言うこと、そしてプラス端子を外します。逆に取り付ける時はプラス端子からになります。これさえ守れば誰でも簡単に交換することが出来ます。

順番はバッテリーを止めている金属バンド(写真中央の金属パーツ)を緩めるだけで簡単に外す事が出来ます。あとはゆっくりと純正のバッテリーを引き出して(重いので注意)新しいバッテリーを取り付けるだけです

唯一の注意点は

バッテリーを取り外してしまうとパワーウインドウなどの初期設定が必要になります。取り扱い説明書に書いてありますがこれが意外と面倒です。そうならない為にもメモリーバックアップを使ってバッテリーを取り外した状態でも車に電源を供給しておいてメモリーを残しておく方が良いです。安価な製品なので1台もっておくと幸せになれます


交換前後

ビフォー

アフター

真っ青なカオスバッテリー、素敵です!

 

カオスバッテリー交換後レビュー

結果ですが・・・凄いの一言です!!!

我が家のアルファードは、両側パワースライドドア・パワーバックドア搭載・ムーンルーフ有りの電装系フル装備の車種なので電気的にも負荷は大きい方だと思いますがどれも交換前よりも力強く動作するようになりました。特にパワースライドドアは、ググっと締まる・開く感じです。そして驚いたのはエアコンの効きもパワフルになりオーディオの音質も改善しました。電装系全てにおいて体感出来る劇的変化です!何故もっと早く交換しておかなかったのか後悔するレベルでした。

1万ちょっとのバッテリー交換でこの変化。素晴らしいぞパナソニックのカオス!アルファード(ヴェルファイア)でバッテリー交換をお考えの方、カオスシリーズお勧めです。

 

今回購入したのは

アルファードで使えるカオスバッテリーの型番はN-100D23Lです。バッテリーは価格変動がそこそこあるので、下記のサイトで最新の価格をチェックしての購入するのが一番です!


カオスバッテリーを購入したら是非こちらも

寿命判断ユニット、LifeWINKをカオスバッテリーに取り付けることによってバッテリーの保証期間が延びます。またボンネットを開ければLEDによってバッテリーの状態がすぐに確認出来るのは非常に便利なのでカオスバッテリーとセットでの購入をお勧めします


アルファードには必須!自宅で出来るガラスコーティングと言えばこれ


自分の施工の様子もレポートしています!

お手軽ガラスコーティングの定番『SUPERピカピカレイン』購入&レビュー
愛車のボディーを綺麗に保つ為についに購入しちゃいました!『 SUPERピカピカレイン 』前々からネットでの評判を見て気になっていた、自宅で簡単に出来るガラスコーティング剤です。値段が少し高くて躊躇していましたが今回ついに購入してみました!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

アルファード
Sponsored Links
無駄遣いさんをフォローする
無駄遣い備忘録
タイトルとURLをコピーしました