頑固な葛を除草する 根絶方法

DIY

葛はとにかく頑固

夏場になるとどこからともなく生えてくる葛。ツルを伸ばし気が付くと土地を全て覆ってしまい手が付けられなくなります。表に出ているツルだけを刈ってもまた直ぐに伸びてくるの繰り返し。

今回はこの頑固な葛を根絶してみます!

葛に最強の除草剤「ケイピンエース」

ネットなどの情報を元に購入したのは葛などのつる類に最も効くといわれている、つる類防除剤「ケイピンエース」です


これが効かなければ諦めろ、と言われている葛向けの最終兵器らしいです。

ケイピンエース開封

ちょっと長いマッチ棒のようなものが入っていました。本数は50本入りです。

葛に使うには一株あたり1~3本ほど。葛って意外に多いので50本はあっと言う間になくなりそうです。使用方法としては根元に穴を開けて突き刺す、だけみたいです。

使ってみます

今回使ってみるのは自宅のコンクリートの壁から生えた葛です。放っておけばどんどん成長して壁を破壊してしまいます。

この根元に突き刺します。今回はドリルを使って4㎜ほどの穴をあけて指しています。場所が屋外なので小型の充電式があると便利です。


色がついていますが薬液がしみ込んでいるのは色がついていない部分なのでその部分がしっかり葛にあたるように処理しました。写真のような太目のツルは根元に1本、株のようになっているものには数本打ち込んでいきます。
色がついているので打ち込み処理した場所が分かりやすくて良いです。あとは枯れるのを待ちます

20日後、どうなったのか?

ケイピンエースを打ち込みして20日後、どうなったかというと!

ツルの先、葉っぱがクシャクシャになり始めまています。丁度、5月1日に打ち込んだので例年だったら葛が一気に伸びる時期ですが全体的にこのような葉が見られます。

株の部分は・・・こちらも枯れてきています。写真の左手は昨年ノコギリで切断した部分ですがこちらも右のツルと繋がっていたのか更にポロポロになってきています。

離れて見ると分かりやすいですが死んだと思った株から新しいツルを伸ばすのが葛なんですが、新しいツルもしっかり枯れています。初夏なのに冬のように枯れた葉が落ちています。流石つる向け最強の除草剤、効果抜群ですね!

注意点

目的の葛だけを枯らすことが出来る万能除草剤、ケイピンエースですが実際に使用してみた注意点としては

根元に打ち込む必要があるので事前に伸びたツルを刈って、株を探しておくと効果的

差し込む穴が必要なので(本数が多いと)電動工具必須

思ったより本数が必要。50本なんてアッと言う間になくなる

 

特に電動工具は必須ですね。これがないと全く作業時間が違います。大型のだとツルを貫通、または切断してしまうので適度な穴を開けることができるペンタイプの小型のものが使いやすいです。我が家は下のような工具を持っていたので大活躍でした。

パナソニック 3.6V 充電ドリルドライバー『EZ7410 』購入&レビュー
充電ドリルドライバーが欲しい! 最近仕事でラックマウントされた機械を触る事が多くやたらとネジを外す事が多い・・・頑張って手でやれと言えばそれまでですが、結構疲れます。なのでここは電動ドライバーを購入するか!と色々調べてみると電動ドライバー...

その後

駆除できた!と思いましたがやはりまた生えてきました。葛は根にでんぷんを蓄えていて根絶には時間が掛かりそうです。ただ2021年の夏から秋に掛けて除草作業を3回ほど行いましたが確実に枯れて草刈りの必要がなくなりました。これは大成功だったんじゃないかと思います。

1回で根絶できないので根気がいる作業ではありますが効果は確実に体感できます。グリホサート系除草剤を大量に撒いている方もいますが私としてはケイピンエースでの作業の方がまだ安心して出来る作業だと思いますので葛で悩んでいる方、ケイピンエースオススメです!

タイトルとURLをコピーしました