日々無駄遣いしたことを正当化するため、購入した製品レビューや行った場所などを紹介しています。どかの誰かの為になれば幸いです

無駄遣い備忘録

YAMAHAマジェスティ4D9 フロントブレーキディスク交換&デイトナ 赤パッド レビュー

投稿日:2012年11月8日 更新日:

そろそろマジェスティ4D9のフロンドディスクローターが・・・

走行距離が47000kを超え、そろそろフロントブレーキディスクが死にかけているのではと思って見て見ると・・・

DSC_0746.jpg

完全にレコード盤状態になっていました。これじゃ流石に、って言う事でマジェスティ4D9のディスクローター交換決定!最近は楽してバイク屋にお願いしていたブレーキ周りの作業ですが今回はちょっと時間があったんで自分で作業してみます。

 

必要なのは

ブレーキローターを交換するなら、最近流行のウェーブ形がいいなーと思って検索・・・

でも、4D9専用ってのがリリースされていない!リア用はあるのに。。。中華製の怪しいのはあるんですが精度と安全性を考えるとパス。ってことで、ここは手堅く純正品のローターをチョイス!ブレーキパッドは今までの信頼性から定番、デイトナ赤パッドに。

DSC_0722.jpg

■デイトナ赤パッド:62104(フロント)です。

 

作業開始

まずは、ブレーキキャリパーを外します。12mm2本で留まっていますので外していきます。

DSC_0718.jpg

後は、19mmで事前にホイールを留めている、アスクルシャフトも緩めておきます。ここで緩めておなかいとジャッキアップした後だと作業しにくいです。緩めるとき、片側だけ固定して緩めると空回りする場合があります。そんな時は左側にもレンチをあてて空回りしないようにして緩めます。

これで下準備は完了です。マジェの腹下にパンダジャッキを差し込んでフロントアップします。

DSC_0721.jpg

先ほど緩めたブレーキキャリパーをずらしてタイヤを取り外していきます。マジェはフロントフェンダーも邪魔になるのでちょっと指で押しながら、下に抜くようにして外します。

 

DSC_0720.jpg

キャリパーは、真っ黒・・・ブレーキローターは穴がダストで埋まってる所まで・・・こりゃヒドイ・・・早速清掃&交換へ

まずはキャリパーから。ブレーキクリーナーで洗浄する人も居ますが今回はかなり汚れているので洗剤&水洗い~乾燥を行います。ピストンの細かい部分も歯ブラシ&綿棒を駆使してピカピカになるまで清掃。

 

DSC_0734.jpg

はい!綺麗になりました。ピストンもピカピカになりました。

次にブレーキパッドの確認。思ったより減ってないけど今回はローター交換なのでここは潔くチェンジしましょう。

DSC_0726.jpg

 

今回のメイン。ブレーキローターを外します

アスクルシャフトを外せば、フロントタイヤは簡単に外せます。後はビールケースの上で固定して作業します。思ってた通りブレーキローター固定のボルト(6本)はサビサビで死ぬほど硬くなっています。そんな時はクレ556&バーナー攻撃です。バーナーで軽く炙るとあら不思議、熱でネジロックが緩んで簡単に外れます!

DSC_0729.jpg

外したローターチェック!新旧、一目瞭然。同じものでもこんなに違います。

DSC_0737.jpg

 

外したのと逆の手順で組み上げて行きます

折角タイヤ外したんで、ホイールも綺麗に洗っておきました♪ 錆びていたブレーキローターのボルトも純正新品に交換します。組み上げる時にはアスクルシャフト&ブレーキピストンも丁寧にシリコングリスアップしておきましょう。ピストンなど細かい部分は綿棒を使うと綺麗にグリスが濡れます。そして新しいブレーキパッドの角はパッドを擦り合わせて角を面取りしておきましょう。そしてパッドの裏にはグリスをうすーく塗っておきます。

DSC_0740.jpg

 

まとめ

作業的にはゆっくりやっても3時間あれば完了します。

走り出す前には必ずブレーキレバーをニギニギして戻っているピストンを出しておきましょう。ピストンが下がったままだとブレーキがスカスカでびびります!ブレーキ整備は命にかかわりますので上記の作業は自己責任でお願いします

 

今回購入したのは

2019年1月6日更新:AD1

2019年1月6日更新:AD1

-マジェスティ 4D9

Copyright© 無駄遣い備忘録 , 2019 All Rights Reserved.