YAMAHAマジェスティ4D9 プラグ交換方法

マジェスティ 4D9

以前もマジェスティのプラグ交換を記事にしていましたが。備忘録って事で・・・

 

マジェスティ4D9のプラグ交換方法

走行距離が1万キロを越えたのでプラグを交換してみました今回交換するのはNGK イリジウムプラグ CPR7EAIX-9です


プラグの場所は

まず、メットインスペースのフェルトカバーを外し、バッテリー保護カバーのタッピングビス8本を外します

これでバッテリーとプラグにアクセス出来るようになります。今回はついでにバッテリーも外して追加充電しておきました(;^_^A

プラグはエンジンに対して斜めに刺さっております。ちょっと手が入りづらいですがプラグコードを左右に振れば簡単に外れます。

続いてプラグを外していきます。プラグレンチは車載工具を利用していますが出来れば専用の工具を用意した方が作業は楽です

新しいプラグに交換します

あとは新しいプラグと交換していきます。

左がノーマルプラグ、右が今回の新しいイリジウムプラグです。1万キロ走行ですが適度な焼けで特に問題も無い感じです

 

まとめ

後はバラした手順と逆に戻して行くだけです。プラグは最初は手で閉めて最後に工具で増し締めしていきます。注意するのはプラグの場所は見え難い場所なのでゴミなどがエンジン内部に落ちないよう気をつけて下さい。

ノーマルの車体にイリジウムは無駄なんて言われますが、交換してみると出足が確実に良くなります。嘘?と思う方、安いカスタムと思って交換してみては如何でしょうか?次は1年後か1万キロ走行後かな?

 

今回購入したのは


タイトルとURLをコピーしました