日々無駄遣いしたことを正当化するため、購入した製品レビューや行った場所などを紹介しています。どかの誰かの為になれば幸いです

無駄遣い備忘録

今更ながらビデオデッキを『SANSUI RVP-100』購入&レビュー

投稿日:2015年12月10日 更新日:

ビデオテープ発掘

先日家を片付けている時、ダンボール箱の中から懐かしいビデオテープを発見。中身は何かな?と数年使っていなかったビデオデッキに入れてみると・・・再生しないorz

ビデオデッキ本体の電源が入らず沈黙して使い物になりません。でもテープの中身が気になったので今更ながら新品のビデオデッキを購入してみましたSANSUI RVP-100です。本当はもっとメジャーな家電メーカーのと思っていましたが月日の流れは残酷なものでこの製品くらいしか新品のビデオデッキはありませんでした・・・しかも再生専用機。今後を考えると無駄な買い物かもしれませんがしょうがありません。オークションで購入する手もありますが経年劣化を考えるとちょっと手が出し難い。
この時代、新品のデッキが購入出来るだけでもありがたいかな?と思って勢いで購入。

 

SANSUI RVP-100 のスペックは

■再生専用
■S-VHSも簡易再生可能なVHSデッキ
■映像出力端子 : ピンジャック×1(背面1)
■音声出力端子:ピンジャック×2(背面2)

とかなりシンプルな内容です。本体のデザインもシンプルこの上ない!

IMG_0114.jpg

付属品もこれまたシンプル

IMG_0118.jpg

説明書、接続ケーブル、リモコン、電池、以上です。

 

ここが気になる!

注目すべきは正面の部分。昔は液晶カウンターなどがあった部分ですが、このRVP-100もそうかな?と思って見てみると液晶が無い!液晶がありそうですが・・・よく見ると安っぽいランプが点くだけなんです。電源を入れると赤、再生が始まると緑のランプが点くだけ・・・ここまでチャチとは思いませんでした。

IMG_0116.jpgIMG_0117.jpg

 

気になる画質は?

ハイビジョンを日頃から見るような環境になった時代、ビデオテープがいくら高画質でも画像が甘く見えるのはしょうがないです。ただ、トラッキング調整は優秀で色々なデッキで録画したテープを再生してみましたがノイズも無く再生出来ます。S-VHSの簡易再生も出来ますのでこの点も○です。

リモコンでは音声切替、カウンター表示入り切り、カウンターリセットが出来ます。逆に言うと本体ではこの操作は出来ないのでリモコンは必須で無くすと大変です。ブルーレイ全盛の時代ですが昔のビデオの取り込みに活躍しそうな SANSUI RVP-100 新品で購入出来る貴重なVHSデッキで欲しい方にとっては貴重な機種かと思います。

 

もうビデオデッキは新品で買えないので・・・

既にビデオデッキを新品で購入するのは難しいです。そんな時はネットオークションで状態の良いモデルを探すのが一番!落札相場を調べるサイトを利用してなるべく安価に手に入れてください!



2019年1月6日更新:AD1

2019年1月6日更新:AD1

-AV機器

Copyright© 無駄遣い備忘録 , 2019 All Rights Reserved.