日々無駄遣いしたことを正当化するため、購入した製品レビューや行った場所などを紹介しています。どかの誰かの為になれば幸いです

無駄遣い備忘録

通電確認に便利!フルーク検電器[FLUKE-1AC-A2-II] 購入&レビュー

投稿日:2014年4月1日 更新日:

検電器購入!

ついに買いました!フルークの検電器『FLUKE-1AC-A2-II』

IMG_1373.jpg

検電器って何?と思われる方もいるかもしれませんが、要はケーブルに電気が流れているかどうかをケーブルの皮膜の上から触れるだけで分かる便利な工具です。日本製でも同様の物がありますが、その精度の高さからフリークは人気で仕事場で他業者が使っているのを見て、欲しいなぁーと思っておりました。丁度、ポイントが溜まっていたので、ポチッとな!因みに価格は5000円ほどです。

スペック

■検知電圧:90~1000V
■周波数:45~405HZ
■安全規格:1000V CAT IV
■保護等級:IP40
■作動温度:-10~50℃
■作動湿度:0~95%(0~30℃)、0~75%(30~40℃)、0~45%(40~55℃)
■作動高度:3000m
■電池:単4アルカリ乾電池

IMG_1383.jpg
側面についているグリーンのボタンが電源ON/OFFになります

使用方法は?

グリーンの電源ボタンを押して、あとは調べたいケーブルに先を当てるだけです。通電している場合は『ピー』と言う確認音と共に先端が赤く光ります。これがかなりの高精度で、石膏ボードくらいならボード越しでも測定出来ます。なので電源がどこをどう通っているか破壊することなく調べることが出来ます。

IMG_1379.jpg
IMG_1378.jpg
上が通常、下が通電を検知した場合です(赤く光っています)

そして他にもコンセントに差し込めば検電ドライバーの様にコールド側に差し込むと反応します。

IMG_1385.jpg
全長15センチほどです。

普通の家庭ならがACアダプターなど、断線しているケーブルに当ててみると、電気が流れている所まで光、断線部分以降は光らないのでどこで断線しているか簡単に断線箇所の特定も出来ます。弱電作業の方、工作好きの方にとってはいつも必要ではありませんがイザって時に工具箱に入っているとかなり便利な工具です。

 

今回購入したのは

2019年1月6日更新:AD1

2019年1月6日更新:AD1

-工具

Copyright© 無駄遣い備忘録 , 2019 All Rights Reserved.