日々無駄遣いしたことを正当化するため、購入した製品レビューや行った場所などを紹介しています。どかの誰かの為になれば幸いです

無駄遣い備忘録

GoPRO HEROの購入。3と3+で迷う方向け、両者比較してみました

投稿日:2014年5月14日 更新日:

先日、GoPro HERO3+を購入しました。自分も購入する時どのGoProを購入するか悩みました
そこで「3と3+」「ブラックとシルバー」の違いまとめてみました
購入される方の参考になれば幸いです

IMG_4898.jpg

最新モデル GoPro HERO3+ ブラックエディション

GoPro HERO3+ ブラックエディションP
・4K 15P 「ウルトラワイド」
・4Kシネマ 12P 「ウルトラワイド」
・2.7K 30P 「ウルトラワイド」
・2.7K 24P 「ウルトラワイド」
・1440 48/30/24P 「ウルトラワイド」
・1080 60/48/30/24P 「ウルトラワイド・ミドル・ナロー」
・960 100/60/48P 「ウルトラワイド」
・720 120/100/60/30P「ウルトラワイド・ミドル・ナロー」
・WVGA 240P「ウルトラワイド」

そして一つ前の GoPro HERO3 ブラックエディション

GoPro HERO3 ブラックエディション
・4K 15P 「ウルトラワイド」
・4Kシネマ 12P 「ウルトラワイド」
・2.7K 30P 「ウルトラワイド」
・2.7K 24P 「ウルトラワイド」
・1440 48/30/24P 「ウルトラワイド」
・1080 60/48/30/24P 「ウルトラワイド・ミドル・ナロー」
・960 100/48P 「ウルトラワイド」
・720 120/60P 「ウルトラワイド・ナロー」
・WVGA 240P 「ウルトラワイド」

ブラックエディションの3+と3の違いは、4K、2.7K、1440が通常撮影できるようになった、
720のフレームレートに100/30Pが追加され、ミドルの画角設定ができるようになったことです
ポイントは、1440サイズ以上撮影が可能か、720サイズは100/30P、ミドルが必要になるか
ちなみに、どちらのモデルもWiFiリモート付属になります。

最新モデル GoPro HERO3+ シルバーエディション

GoPro HERO3+ シルバーエディション
・1080 60/30P 「ウルトラワイド・ミドル・ナロー」
・960 60/30P 「ウルトラワイド」
・720 120/60/30P 「ウルトラワイド・ミドル・ナロー」
・WVGA 120/60/30P 「ウルトラワイド」

そして、一つ前GoPro HERO3 シルバーエディション

GoPro HERO3 シルバーエディション
・1080 30/24P 「ウルトラワイド・ミドル・ナロー」
・960 48/30P 「ウルトラワイド」
・720 60/30P 「ウルトラワイド」
・WVGA 120P 「ウルトラワイド」

シルバーエディションの3+と3の違いは、大きな変更がありました。シャッタースピードの追加
720の画角にミドル&ナローが追加され「4Kを省いたブラックエディション」に進化しました
これは大きな違いかと思います。これだけでも『3+を買う』理由になるかと思います

結果・・・
■4KとWiFiリモートが必須ならブラックエディション
■1080までしか使わないのなら3+シルバーエディションで十分

シルバーでWiFiリモートが無い!と思ってもスマホやタブレットで十分対可能です
センサーや処理システムは異なりますので、完全に同じと言う訳にはいきませんが、
アクションカムとしての用途でしたら劇的な違いは感じられないかと思います
費用対効果を考えても、GoPro HERO3+ シルバーエディション はお勧めです

 

2019年1月6日更新:AD1

2019年1月6日更新:AD1

-GoPro

Copyright© 無駄遣い備忘録 , 2019 All Rights Reserved.