日々無駄遣いしたことを正当化するため、購入した製品レビューや行った場所などを紹介しています。どかの誰かの為になれば幸いです

無駄遣い備忘録

パイオニア DJ用CDプレーヤーCDJの修理方法

投稿日:2014年10月16日 更新日:

パイオニア DJプレーヤーの調子が悪い

IMG_7089.jpg

購入から12年ほどの我が家のCDJ-700S。最近はタマにしか使わず、使っても普通のCDプレーヤーとして使っていたんですが最近、トラック送りのボタンが利かなくなりました・・・併せてトラックを戻すボタンの調子も悪い。そろそろ寿命が来る頃ですがまだ直せば使えそうなので分解修理してみました。

 

分解方法

IMG_7090.jpg

分解の基本、外装を外していきます。このCDJは背面の四隅のネジで止まっていますので、まずはこのネジ4本を外します。これだけであっさり外装カバーを外すことができます。カバーの取り外しは本体上面に向かって蓋を開けるようにして開けます。

ここで注意するのは内部にフラットケーブルがあるので切らないように丁寧に分解しましょう。写真の様に本体下部とフラットケーブルで繋がっています(右側がCDJの上蓋部分です)今回調子が悪いのはトラック送りのボタンになるので上蓋の基盤にスイッチがありますのでそのあたりの基板を見ていきます。

 

スイッチ発見

IMG_7102.jpg

どうやらこの基板にトラック送りのスイッチがついている模様。分解初心者も安心!丁寧に▼のしるしがついている場所にネジが5本あります。これを外すと基板が少し浮きます、その隙間から基盤のスイッチを押すプラスチックパーツを引き出します。

IMG_7093.jpg

これで正面からスイッチを確認出来るようになりました。実際に押して見るとスイッチを押す感覚が無い。どうやら完全にスイッチがダメになっているみたいです。

 

代用スイッチに交換

IMG_7105.jpg
今回、原因のスイッチ早速代替品を探してみます。写真のスイッチは俗に言う『タクトスイッチ』と呼ばれるタイプです。家電品などでよく使われるタイプですのでネットで探せば同様の商品がすぐに手に入るかと思います。因みにこのタクトスイッチ4本足と2本足のスイッチがありますが、今回は2本足になります。またスイッチ自体の長さ(写真の黒い●の部分)も色々種類があるので購入時には注意が必要です。
CDJにピッタリだったのが、『TVDP17-050B-D』です。

 

IMG_7085.jpg

トラック送りと戻し、今回は2個で良いですがネットではお得な10個パックしかありませんでしたσ(^_^;) 他のスイッチも今後駄目になったら交換するかな、と10個入りパック 270円を購入です。

 

スイッチを交換していきます

IMG_7097.jpg

スイッチを交換する場所ですが基板にしっかり記載がある親切設計なので間違うことは無いかと思います。 TRKF(トラック送り)とTRKB(トラック戻し) 両方をプリント基板から取り外します。あまり細かい部品ではないのでハンダ初心者でも簡単に取り外して交換できるかと思います。後は逆手順で取り付けるだけで完了です。コツとしてはしっかり熱くなった半田コテでサッと作業するのがポイントです

 

完成

IMG_7101.jpg

本格的に修理するならば、全バラシにするのが一番かと思いますがスイッチ交換だけなら上記の方法で十分対応可能でした。バラしたついでにピックアップレンズの清掃と本体内部の埃を取り除いておきました。

元々DJ用のCDプレーヤーで耐久性がある機種ですが経年劣化はしょうがありません。これで寿命が延びるなら万々歳です。お手持ちのCDJのスイッチの調子が悪い方は一度スイッチ交換をお勧めします。で、久しぶりにCDJを触ると最新のCDJが欲しくなったりしますね・・・

 

最新機種は凄い!

Pioneer パイオニア / CDJ-2000NXS2 プロフェッショナル・マルチ・プレイヤー
by カエレバ
Pioneer / パイオニア CDJ-2000 CDJプレーヤー
by カエレバ

2019年1月6日更新:AD1

2019年1月6日更新:AD1

-音響機材

Copyright© 無駄遣い備忘録 , 2019 All Rights Reserved.