スポーツスターを常に充電!バッテリー充電端子を外に引き出す方法

スポーツスター

スポーツスターのバッテリーは上がりやすい

購入してから1年ちょっと、月に1度は満充電するようにしていたXL1200CX ロードスター。しかし冬の寒さであっけなくバッテリー上がりをおこしてしまいました。

ネットで調べてみるとスポーツスターのバッテリー容量は元々小さく上がりやすいようで、乗らないときは充電器に繋いでおくのが良いみたいです。2014年以降のスポーツスターには最初から充電出来るように専用端子がついているので帰宅したらすぐに電源を繋いでおければ大丈夫!って訳です。

繋いだままで過充電になるのでは?と思いますが専用充電器なら繋いだままでも過充電することなく充電完了すれば自動で停止するようで安心して使うことが出来ます。スポーツスターを購入したときにディーラーから勧められて純正の充電器を購入しましたがサイドパーティーでも全く同じものがありますので価格を考えたら純正でなくても安心料として1台持っておくと良です。



純正とサイドパーティー、見た目は同じですね。

問題点も

最新スポーツスターにある充電端子ですが本体左手のサイドカバーを開ければすぐの場所にあります。ただ、これを外すのが硬いのなんのって!2つの爪で止まっていますが思いっきり引っ張らないと開きません。最初壊れるのか?と思うほど引っ張りましたがこれが普通らしいです。外すのも大変ですが外すとサイドに出てしまって充電中はカバーを閉めることが出来ません。バイクカバーも掛けずらく困ります。

なので今回はこの問題を解決する方法を考えてみました。

今までの充電の状態。カバーが出ているのでバイクカバーが掛けにくいです。

サイドカバーから端子を出せば良い、でも問題が・・・

最初は純正の充電端子を少し引っ張り出してサイドカバーから少し出した形にしようかと思いましたが、純正端子は短くて全く引き出すことが出来ません。なので少し延長してみることに。ネットで良いのを探してみたところ・・・ありました!

 ケーブルの左右がSAEコネクタで防塵・防水キャップ付きです。長さは1.2mくらいのものもありますがサイドカバー内が狭いのでなるべく短いものが良いので60㎝のものにしてみました。

60㎝となっていましたが実物を見てみると短い感じがします(正確に計ってはいませんが)

防塵防水キャップがついていているので無いよりかは安心出来ます。

取り付け

では取り付けていきます。純正の充電端子に新しい延長端子を繋ぐだけなので簡単作業です。

本体との接続部分です。抜け防止と防水の意味のためビニールテープで接続部を処理しておきました。

ケーブルの引き出す場所はエンジン側は熱が気になるのでリアサス側にしてみました。サイドカバーの爪に当たらないようにバッテリーの後方の隙間を利用してフレーム沿いに出していきます。ケーブルが当たらないのを確認したら元通りにサイドカバーを締めればOKです。

完成

作業的には10分ほど。

非常に便利になりました!

通常は防塵防水の端子カバーをつけていますし基本雨の日は乗らないのでこれくらいでも大丈夫かと思いますが、出先などで本格的に雨が降る場合はやはりビニールで養生したほうがよさそうです。

ちょっとした事ですがこれで便利に充電ができるようになりました。スポーツスター乗りの方オススメです!

今回購入したのは

タイトルとURLをコピーしました